キャンプを楽しむためには事前にしっかり準備しておくことが大切です。得に初めてキャンプをする人にとってはドウイウ基準でキャンプ場を選んで、どういう物を持っていけばいいのかということはなかなかわからないことだと思います。そこで、初めてキャンプのときにどういうことをあらかじめ調べておくべきか考えていきたいと思います。

キャンプ場の選び方

キャンプ場を選ぶポイントはどういうものがあるのかというと、まずは設備がしっかりしているかどうかということです。キャンプ場に充実した設備が必要なの?と思う人がいると思いますけれども、たしかにキャンプは不便を楽しむというところもあります。ただ、初心者にとってはその不便が「過酷」と捉えてしまうことになりますので、キャンプを始めたときは、できるだけ準備がしっかりしているキャンプ場を選ぶほうが無難です。具体的にはまずトイレとお風呂の施設はどうなっているのか。トイレとお風呂の有無は、小さいお子さんや女性にとっては大きな問題です。キャンプ場によっては和式のトイレしか用意されていないということもあるので、まずは水洗トイレやお風呂が整備されているのかどうかということも確認してみるようにしましょう。次にチェックするポイントとしては、売店やレンタル店が併設されているかどうかということです。初めてキャンプをすると、よくあることは忘れ物です。売店やレンタル店があれば、忘れ物をカバーしてくれるので、忘れ物をしたときの落胆をしなくてもいいですし、忘れ物があると、キャンプでやりたいことが出来ないこと場合がありますが、売店やレンタル店があるとそういう問題も解消出来ます。キャンプ場によっては食材まで用意してくれているキャンプ場もありますので、その点も安心だと思います。最後にチェックしておきたいことはキャンプ場にスタッフが常駐しているかどうかということです。初めてキャンプをするときには、どういう緊急事態がおきるかわかりません。そういう場合に色々と対応してくれる専門家が常駐してくれているととても安心です。また、テントの設営や、火おこし、ランタンの使い方など、慣れない作業をサポートしてくれたり、スタッフが駐在しているキャンプ場であれば、初めてキャンプに来た人にとってはキャンプ初心者ということもあり、安心できますよね。キャンプ場スタッフの状態については、24時間常駐という場合もありますし、日中だけとか、午前中だけという場合もあるので、その点もチェックしておくようにしましょう。

キャンプに準備するべきもの

キャンプで用意するものとしては、テントや食材、調理道具や寝具くらいじゃないの?と思う人が、残念ながらキャンプ初心者には多いのです。実際にはキャンプに用意するものは多岐にわたっています。ここではチェックリストとしても使える必要なものをご紹介しておきます。
・テント
・寝袋
キャンプは寝ている時間がもっと冷え込みますので、寒さ対策にしっかりしているかどうかチェックしてください。
・マット
キャンプで寝るときは寝袋だけでも、地面から伝わってくる冷気やゴツゴツが防ぎきれないところがあります。そんなとき寝袋の下にマットを敷くとそういった問題を解決してくれます。
・テーブル
これは意外と忘れがちですが、食事をするときに容器を持ちながら食べるよりも、お皿などをテーブルに置けると料理も色々なものを作り、それを置くことが出来るので、キャンプでの食事を楽しむことが出来ます。
・焚き火台
キャンプの楽しさの一つに焚き火をあげることが出来ますが、キャンプ場によっては直火禁止のところが多く、思い切って焚き火は楽しめません。その点焚き火台があると、そういった問題も解消できるので、焚き火を楽しむことが出来ます。
・ランタン
キャンプ場の夜は真っ暗です。そんな夜を照らしてくれるランタンは夜を楽しむには必須アイテムです。ランタンには全体を照らすメインランタンと、テーブル用、テント用と複数必要なので、一つ手に入れても満足しないようにしましょう。オススメは火事や燃料などの心配をしなくても良いLEDのランタンです。

以上、最低限必要なものをリストアップしてみましたが、心配な人は専門家やインターネットなどで調べてみるようにしてみましょう。