キャンプは、非日常を体験できますし、どうしてキャンプで作る食事はあんなに美味しんだろうというくらい美味しいものができます。家で作るカレーとキャンプで作るカレーは同じカレーのはずなのに、何故かキャンプで作るカレーを含めて料理は本当に美味しいですよね。そんな楽しいキャンプですけれども、雨になってしまうと気持ちが沈みがちです。特にテントの下に雨が浸水してくると、寝たくても寝れなくなってしまいます。テントは、大自然の中で寝起きしますので、そういう状態になる可能性は無きにしもあらずですが、予めしっかり雨対策をすると、楽しく快適にキャンプを楽しむことが出来ます。そこで、キャンプの雨対策をご紹介します。

テントの場所を気をつける

冒頭でもご案内したようにテントの場合はよほどのことがない限り、テントから水が漏れるということはまずありません。水漏れで困るのは、床の部分に雨の浸水害ある場合です。そのため、まずそういう状態のならないところを選ぶようにしましょう。具体的には、地面が土の状態ですと、水はけが悪く、ぬかるみやすいので、水はけのいい場所を選ぶようにしましょう。この場合水はけのいい場所ということになると、芝生や砂利が良いです。また、林間地も木々が雨水を受けてくれるので、水はけが良いため、おすすめです。

次におすすめしたいのは、テントの底面にブルーシートを張ることです。通常は、地面→ブルーシート→テントの底面をおすすめするプロショップもありますが、地面→ブルーシート→テントの底面とした場合には、雨が降ってしまうとテントの底面とブルーシートの間に水が浸水してきていしまい、ブルーシートで水を防ぐという目的が果たせなくなってしまいます。ところが、地面→テントの底面→ブルーシートの場合ですと、地面からの浸水がテントの底面に染み込んできても、ブルーシートで浸水を多少は防げることが出来ます。

あとは、テントの周りを掘って水路を作っておくことをおすすめします。これがあると、水の通り道がテントの直前に作ることが出来ますので、浸水を事前に防ぐことが出来ます。ただ注意をしないといけないのは、キャンプ場ではキャンプ地を掘ることを禁止している場合もあるということです。また、もしキャンプ地を掘ることが認められていても、もとに戻すというのはマナーですので、必ず原状回復をするようにしましょう。

雨が降ってしまった場合の対策

また、雨が降ってしまった場合には、テントやターブに雨の逃げ道を作るようにしましょう。これはテントやターブに雨が溜まってしまうと、雨水の重さでテントやタープが倒壊する可能性が極めて高くなります。そんなことになると、ひどい場合には怪我などをしてしまうこともあり、せっかく楽しいキャンプが台無しになってしまいます。テントやターブに雨水を溜めないようにするには、どこか一か所に、高低差を作るなどして雨水を下に落とす逃げ道を確保しておきましょう。この状態であれば、雨が降っても重力で上から下に流れますので、テントやターブに雨水が溜まることを防ぐことが出来ます。また、雨が予想される場合にはあらかじめ余っているグロメットにロープを結んでおくと、雨が降り始めた時にすぐに対応出来ますので、安心です。また、テントが自立式でターブの下に十分余裕がある場合には、ターブの下にテントを移動すると言う方法もあります。この方法ですと、ターブが雨を防いでくれますので、雨の中で撤収をする場合にでも、テントが濡れずに作業を楽に行うことが出来ます。

テント類のアフターケアは絶対必要

最後に雨で濡れてしまったテント類のアフターケアについてご案内します。テントは濡れた状態のまま放置しておくと、カビが生えたり悪臭が発生する原因になったり、テントそのものの耐水加工の機能低下にもつながります。したがって、雨で濡れたテントは必ず乾燥させて、それから保管するようにしてください。